読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならは終わりの言葉じゃなくて

ジャニーズとか気になった歌詞についてアレコレ呟いていこうかなと。

SixTONESがデビューするためにはどうすればいいのか?

■どうして『SixTONES』をデビューさせたいのか?■

好きだからです。
それ以上の理由が必要かい?

SixTONESストーンズ)は自分自身、まだ知って半年ぐらいしか経っていないのですが、色々立ち代わり入れ替わり増減の激しいJr.のグループ編制で珍しく『復活した』グループだと言う事を知りました。
元々は2012年の深夜に放送されていたドラマ『バカレア学園』のメイングループだったそうで、放送終了後もジャニーズ内の仕事では解散せずに続いていたそうです。
それがやがて売れるメンバーとそれ以外という分かれ方が目立つようになり、いつしかバカレア組(当時は正式なグループ名は無く、ドラマの名称で呼ばれてたらしい)は自然消滅したそうです。
でもそれを諦め切れなかったメンバーの一人が立ち上がり、再びバカレア組が復活し2015年に『SixTONES』としてJr.内の新たなグループとして結成。
これが今の自分が知りうる大まかな流れです。

メンバーは6人。
高地優吾…グループ最年長で一番芸暦は後輩。現在『スクール革命』にレギュラー出演中。
京本大我…ミュージカル王子。京本政樹の息子さん。メインボーカル。
田中樹…ラップが得意。元KUT-TUN田中聖の弟。
松村北斗…色白。長身。演技好き。
ジェシー…ハーフ。グループ内一の長身。メインボーカル。
森本慎太郎…グループ最年少。アクロバット得意。元Hey!Say!JUMP森本龍太郎の弟。
(できるだけ主観は入れずに説明してみました)

平均身長176.5cmの高身長グループです。
自分、今現在大層このグループにはまってましてね。
本当に最近までジャニーズJr.の事を殆ど知らず、デビュー組のバックで踊っているのをテレビから普通に眺めているだけでした。
ところがJUMPにはまった途端、関西ジャニーズを知って何故か関西ジャニーズJr.の方を好きになり、流れでいわゆる東京Jr.へ流れ着きました。
知ったらJr.内は群雄割拠。色々なグループが作られていて、中にはメンバーが増減したりいつの間にか消滅していたり…。
この采配は全てジャニーズ事務所の社長・ジャニーさんの天の一声で決まるといいます。
だからいつグループになれるかはわからないし、なったとしてもいつ脱退や消滅するか全くわからないのがJr.の現状なのです。
(あとグループ名もジャニーさんが決めるらしく、つい最近は『宇宙Six(うちゅうしっくす)』という元々あったグループが急に増えて名前も←に変わるという元ファンにとって全くサプライズにならないサプライズが嵐のコンサートで起こってます)
かと言ってジャニーさんの中で色々基準があるようで、全く面識の無いメンバー同士だけで組ませるのはあまり無いようです。
ただジャニーさんも約50年、少年たちを見つけ出し売り出してきた人ですからそこはビジネスマン。色んなグループを組ませては売れないと判断したら組み直すし、例えどんなに人気があってもより売り出せるように人員を変えてゆく…そんなシビアな世界にジャニーズJr.はデビューを夢見ています。

そんな歴史の中で一度消滅したグループがメンバーやファンの声で復活した――
それが『SixTONES』です。
女子はドラマ性に弱いです。もちろん自分もです。
バックボーンがドラマチック!今までの歴史を塗り替えた!?再結成してジャニーさんから名前までもらったよ!
押すしかないじゃないか!!!!!
更に『SixTONES』はジャニーさんが選んだメンバーではなく、バカレア学園のプロデューサーさんがドラマのイメージに合った子を選んだという大変珍しいグループ。
そこにジャニーさんの色眼鏡(好みという意味合いで)が全く無い。
だから一般受けはするはずなんですよ。だってジャニーズじゃない外部の人、一般人の選んだイケメンだから!

 

■デビューするための考察■

シビアに考えて、彼らのデビューはオリンピックまでにしなければほぼ絶望だと思ってます。
2020年には事務所として売り出したいグループがある(現在入りたてのルーキーや平均年齢の若いグループ)ので、来年の2017年からギリギリ2019年…立て続けにデビューさせる事はほぼ無いと考えられるので2018年まで。期間は一年弱です。
これを逃したら2020年以降にあるかもしれないけど、その時には最年少の慎太郎君は23歳。最年長の高地君は26歳です。
26歳デビューはA.B.C-Zの五関君とジャニーズWESTの中間君だけです。
可能性はゼロではないですが、五関君と中間君のグループには共通するものがあります。

『メンバー内の最年少に10代がいる事』です。

A.B.C-Zは橋本君(デビュー時18歳)、ジャニーズWESTは小瀧君(デビュー時17歳)です。
もし、仮に2020年以降にSixTONESがデビューできるとしたら10代の若い子が入る可能性があり、入らなければ現状維持の可能性もあるわけです。
調べてみたらKis-My-Ft2の北山君は25歳、最年少の千賀君は20歳デビューとありましたが、これは多分ジャニーさんの中でギリギリのラインかと思われます。
やはりアイドルといったら10代の若い子がデビューというイメージがあるし、全員20代(しかもSixTONESには童顔がいない)いい意味で大人スタイルである彼らがジャニーズが求めているであろうアイドル像とは少し掛け離れていると思います。
これが他事務所だったらアイドルという括りではなく大人のグループとしてデビューできる可能性は高いと思いますが、彼らの望みは「ジャニーズでのアイドルデビュー」ですからこの案は意味を成しません。
ただ個人的には他事務所に移ってもらった方が希望はあるんじゃないかな…という気持ちは常にあります。
何よりデビューの不安は現在のSMAP解散騒動と消費者団体によるファミクラへの申し入れ騒動は確実に事務所のイメージダウンです。
この騒動が今年で終わる訳が無いです。少なくとも申し入れ騒動は来年以降もゴタつくでしょう。
そんな中で新しいグループをデビューさせる気力と計画が事務所にあるのか?個人の見解では現状維持で精一杯になるのではないかと考えます。
仮にデビューするとして申し入れ騒動がクリーンにならない限りは新しいファンクラブは作れないでしょう。
ただすぐファンクラブができる訳ではないようなので、もう一年余裕を置き、その間にファミクラ問題を解決する事はできるかもしれません。

あとデビュー時の年齢だけではなく、『デビューするまでの年数』問題もあります。
高地君は最年長ですが芸暦は一番下です。もし2020年デビューとしたら芸暦11年になります。
グループの最長芸暦者は京本君、ジェシー君、慎太郎君で、芸暦14年になります。
これは今の所五関君が14年7ヶ月でデビューという記録があるので、ほぼ同じになると思われます。
ただしこれは書いたとおり『2020年にデビューできたら』という括りです。それ以降になれば当然、もっと年数は上がります。

Jr.の中には『舞台班』と称されるグループや個人があります。
その中に『ふぉ~ゆ~』という2011年に結成されたグループがありますが、現在メンバー全員が30歳です。
彼らはダンスに特化していて堂本光一君や滝沢秀明君の舞台など、主にメインのお仕事が舞台という現在芸暦18年のベテランJr.です。
もし『SixTONES』が2020年までにデビューできなかったら、それまでにダンスや歌の技術を上げておかないとJr.内での立ち位置すら怪しいものになってしまうのではないかと考えます。

だから何としても2020年までにデビューしないと、応援している身としては解散なり自然消滅なり退所なりという不安が沸き起こってしまいます。
本人達のやる気は充分に感じますし、このグループでのデビューを逃したら可能性はかなり下がるんだろうな、という気持ちも感じます。
ファンとしてやれるのはその後押しぐらいです。どれだけ応援すればデビューできるのか、またその希望が持てるのか。それはやっぱりジャニーさんにしかわからないです。
現在、ジャニーさんのスペオキは目に見えてわかるので、それらがデビューしなければ順番は回ってこないのかも、という不安もあります。
面倒くさい所にはまっちゃったなぁ…と、たまに自分に呆れる時もあります。
でも、好きになっちゃったからしょうがないです。
SixTONES』の第一目標はデビューなのですから、その日が来る事を応援し祈るだけです。

 

■本音を言うと■

彼らのデビューが今の夢ではありますが、もっと深く言うと『自分自身の押しがこのグループにいるから』が一番の理由です。
一押しは高地優吾君。
最年長でニコニコ笑顔が最大の武器で、関東ローカルといえどもデビューがテレビレギュラーというラッキースターの持ち主です。
デビュー時から普通に見てきましたが、最近Jr.の事を調べ始めたら急にはまってしまい今に至ります。
高地君がいるから『SixTONES』のデビューを望んでます。彼自身の最近の輝きと本気度が伝わってきて、それを叶えてあげたい。叶って欲しい。
超本音を言うと、高地君がいなくなったらグループデビューはどうでもいいんです。
他のメンバーが嫌いとかではなく、オンリーワンしかいないというだけなんです。
自分は普通のテレビっ子なので、毎週定期的に見る事ができるのは高地君だけです。
グループが出演するのはBS放送の『ザ・少年倶楽部』だけで、あとはジェシー君がレギュラーの『Rの法則』という番組がEテレで放送されてます。
Rの法則』は見れますが、内容が完全に若者向けなので何度か見て挫折しました(汗)。
『ザ・少年倶楽部』はBSなので契約をしていないので全く見れません。(某動画では見れますが、それも不規則です)
始まりが必ず見れる高地君であり、他のメンバーは頑張らないと見れないのです。ここに大きな理由があります。
あとグループが知れるのはアイドル雑誌がありますが、高地君とメンバーのエピソードを読むためのものでしかないです。
仮に『SixTONES』が消滅しても、高地君がアイドルを続けてくれるなら応援していきます。別グループ所属になったとしても。
でも高地君が見切りをつけて事務所を去るなら自分の応援はそこで終わりです。

…何か凄く冷たい文だなぁと自分でも思います。本当にメンバーの事は嫌いでは全く無いですよ!
メンバーのエピソードはまだまだ知りたいし、『SixTONES』だからこそ高地君は今輝いている事はひしひしと感じます。
とにかく、今の強い気持ちは『高地君の望む』『SixTONESのデビュー』なので、その日が必ず叶う事が本音なのは間違いないです。

 

お願いだからジャニーさん!
早い所、彼らのデビューお願いします!