読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならは終わりの言葉じゃなくて

ジャニーズとか気になった歌詞についてアレコレ呟いていこうかなと。

少年たち 2016年9月6日(火)公演レポ

レポ

初めて来た日生劇場
時間に超余裕を持って出てきたので周辺散策をしていると、ふぉ~ゆ~が公演している『縁~むかしなじみ~』のポスター発見。
シアタークリエってここか!
五月だか六月だかにグループ所属のJr.が一ヶ月ライブした所か!
更に宝塚劇場の文字発見。
日比谷って劇場の街なのか!!!と、新しい発見にテンションが上がる。


開園してグッズ買いに向かって思った。
写真いっぱい付いてインタビュー記事もあってA4サイズで中々重厚な作りのパンフレットが2500円…。
この前のジャニキンのペンライトが1600円…。
アイドルのグッズ相場がわからない。


最後列の席から見下ろすステージは本当にドキドキものでした。
ライブとかコンサートとか映画とか、始まる前の高揚感はとっても楽しい!
そしてブザーが鳴ってあおい輝彦さんのナレーションでついに開演!
あ~~~!始まる始まる始まるよ~~~っ!!!…と、興奮MAXの中で一番最初に現れたのは京本大我君でした。


そして。


京本「よっこいしょういち」(言いながら腰掛ける)
え?昭和ギャグ!!??


インパクトが強すぎてこれが第一声だったのか、その前に台詞があったのかさっぱり思い出せません。


話は進み、SNOW MANとSixTONESの面々が登場してそれぞれ小競り合い。
そして目の前で繰り広げられる煌びやかな世界!
歌って踊って歌って踊ってちょっとほっこりしたりコネタ挟んだり…ミュージカルをまともに見るのは初めてなので度肝を抜かれました。
この『少年たち』の歴代の歌を全く知らないので、事前にツィッターで情報収集しても曲名を略されたりセットリストを見ても覚えられなかったので前回同様その辺の感想は全く書けません!(言い切った)


とりあえず覚えている限りの感想を箇条書きでいきます。
(※一度しか見てないし最後尾席だったので誰がどういう台詞を言ったのか曖昧な部分アリ。そして高地君メイン)

  • 日記という言葉はわからないのに変に小難しい言葉は知ってるジェシーの日本語力の摩訶不思議。
  • 高地君の声が聞き取りやすい。
  • 佐久間君の腹筋のえげつなさ。顔がメルヘンなのに首から下が北斗の拳ってどういうことだァ――――ッ!!?
  • 高地君のイキがり方が昭和のヤンキー漫画。
  • 自分を裏切った前のバンド仲間と連絡を取り合っていたジェシーに怒るのはまだわかるが、強制送還されて徴兵される仲間に対して拗ねた態度取るのかどうかと思うよ岩本君。
  • マリウスのぎこちない「俺」。萌える。
  • BARの樹ゆごのジャグリングミスあったけどカワイイからいいんだ。イケメンだからいいんだ。
  • 軍服!軍服!
  • 誰かが銃を落とした!誰かはわからない!
  • 阿部「俺は天才すぎたんだ!だから誰も理解できなかった!」マイベスト名言
  • 天才すぎた阿部君がどういう事情で少年院行きになったのか知りたい!言っていたかもしれないけど覚えてない!
  • 終わってツィッター見てやっとSixTONESの新曲がなんだったのかわかった。
    (知らない曲ばかりなのでほぼ初耳)


【総評】
レポは早めにメモっておかないとどんどん忘れていく。
望遠鏡を検討しよう。