さよならは終わりの言葉じゃなくて

ジャニーズの気になる事をアレコレ呟いていこうかなと。

Jr.がデビューするという事を考えてみる話

ジャニーズJr.dexにおける水泳回の深澤くんを「ふっか」。
最終回での髙地くんを「髙地」。
自分と一部の中ではざわついた平野紫耀(単語登録しました)くんの先輩呼び捨て事件。
これについて個人の見解を綴りたいと思います。

まず自分の素直な気持ちは最初聞いた時は「ん?」と引っ掛かりました。
その後さらりと流して終わったら次は「髙地」でまたもや「ん?」

『この三人仲良かったの?それとも仲良くなったの?』

嫌な気持ちよりただ本当に引っ掛かっただけで、まさかの推しの髙地くんを巻き込んだから
「待って!どういう経緯で平野→髙地ライン来た!?どこで仲良くなった!?」
一気にドキワクモードに突入ですよ。
どうもTLを読む限りでは元々それほど交流が無いようで普通に「髙地くん」と呼んでいたらしいのでこの一年ちょっとで一気に急接近したんだなと判断。

自分の中ではドキワクになったけど、
「先輩を呼び捨てするなんて」
「芸暦は二人のほうが上」
というTLを読むと「確かにあまり気持ちの良い事ではないな」という気持ちも沸きあがりました。

じゃあなんでそう思うのだろうと考えてみると、【順番を間違えた】んじゃないかと。

例としてJUMPの山田くん。
彼は山P(敬称が無くても許される愛称を持っているのって最強だと思う)と仲が良いです。
で、何度か「プライベートでディズニーに行く」と、その仲の良さを語っていました。

その中で山田くんは

「山下くんが『敬語は無し』『トモと呼んで』と言ってくれたのでプライベートでは敬語無しでトモ呼びさせてもらってます」
「でも仕事となると別じゃないですか。山下くんは大先輩だし。だから仕事場では先輩後輩として山下くんと呼んで敬語使ってます」

というエピソードを語っています。
(細部は意訳)

ここでわかるのは【親しき仲にも礼儀あり】です。

少し余談ですがウチの長兄は
「テレビで親しさを出す呼び方するのって意味わかんねぇ。身内感丸出しで見ている方がついてけないし、お前らの親しさなんか知りたくも無い」
と、【公式になっていない親しみ感】を見るのが物凄く嫌いなんだそうです。
だからアメトークで雨上がりが特定の芸人を愛称で呼ぶのを物凄く嫌っていた頃があります。
気がついたら最近はあまりそう呼んでいない気がするので、今は普通に長兄はアメトークを見ているそうです。
投書があったのか何かあって改めたのかわかりませんが。

でも仲良くなってくれると嬉しいじゃないですか。
しかも愛称とか呼び捨てとかするようになったの!?って盛り上がる事だってあります。

でもそれはよくよく思い返すと親しくなる順番を辿っているからこちらとしては萌えると言う事に気づきました。
山田くんで言うと

【山Pカッコイイと憧れる思い】

【親しくなる】

【ディズニーに行くほどの仲になる】

【山P(先輩)から敬語ナシね!トモって呼んで!】

【なのでプライベートでは先輩の山Pにタメ語使ってます】

【でも自分はやっぱり後輩なので仕事場では敬語です】

教科書通りの完璧な流れであり最強エピソードです。
山Pファンは「先輩だけど気さくな山P最高!山田くんも礼儀正しくて可愛い子!」になるし
山田ファンは「あまり積極性がないタイプなのに頑張ったね!プライベートと仕事での割り振りがちゃんと出来てて凄い!」になります。
どちらにも好印象を与えてくれます。最高かよ。

ところが今回の場合、いきなり後輩の平野くんが深澤くんと髙地くんを呼び捨てにしてしまっています。
これがジャニーズ感全く無い番組だったら視聴者は何も知らないのでスルーですが、今回は多分ほぼJr.ファンだろうと言う視聴者がメインです。
入所からデビューまで知っている人や雑誌などのインタビューを把握している猛者揃いの中でやってしまったのは大失敗と言えるでしょう。
これがタイミング良く放送までに何かしらのエピソードが語られていればまた違ったでしょうが、現在の所そういった情報は無いです。

あと発言のタイミングがとてもまずかった。
どうやら深澤くんの時はキンプリデビュー発表前の収録だったようだけど、髙地くんの時は出演者を見るとハピアイの千秋楽後に収録したのではと推測されていました。
(休演していたメンバーからの推測による)
「デビューしたら先輩を呼び捨てにできるのか」と言われてしまうのは火を見るより明らか。
明確な収録日がわからないのでデビューしたらは当てはまらない所もあると思いますが、ぶっちゃけ【Jr.からデビュー】はJr.ファンから見ると大きな事です。
デビューするのは社長ジャニーさんの一存であると言うのはファンならほぼ知っています。
だからどれだけ応援しているJr.がいてもいつ、どうやってデビューできるのかはわからないまま、でもいつか来るデビューする日が来ると信じています。

そしてそれはJr.自身がよくわかっている事です。
表には出さなくてもデビューしていく人達を見て全て心から祝福しているとは思えない。
『自分の何が足りないのか』
『どうしてあいつがデビューできるのか』
色々黒くて苦い思いが渦巻いたりしていてもおかしくないと思います。

デビューしたくても自由に出来ない、確定するものが見えない中でJr.はそれぞれの未来を目指して日々精進しています。
そんな中でデビューしたと言う事はキンプリ自身もJr.の気持ちや思いをよくわかっているはずです。
デビューした事によって背負うものを。

だからデビューしてもしていなくてもファンが見る目はそういう事にとても厳しいと思います。
それは難癖だろうと思う時もありますが。

平野くんにとっては呼び捨ては些細かもしれないし、二人が了承していれば外野が騒ぎすぎるのはよろしくないでしょう。
でも、どんなに仲が良くてもファンが見るのは『職場』です。
馴れ合いじゃダメなんです。
先にデビューしても後輩なんです。先輩はいつでも先輩。自分はそう捉えています。

あとこれを平野くん一人のミスにする気は無く、やっぱり一緒にやると決めたメンバーが諌めるのも大事だと思っています。
メンバーが間違っていると思ったら諌める。迷いがあったりしたら話し合う。
king&princeとしてデビューする事が決まった今、もっとたくさんのファンじゃない人の目が増えて見る目がどんどん増えていくでしょう。
ちょっとしたミスが大きなミスとして見られる世界に行くのです。
そしてちょっとした喜びが大きくもなる世界でもあります。

どうせならいらない不穏は無くして欲しい。
そろそろCDデビューも発表されるだろうから、意識を切り替えてジャニーズの新しいグループとして凱旋してください。

(そしてふっかとこーちのエピソードをいつか話してください)
(待ってる)

扉を開けて

 

二日前に突然情報局から送られてきた謎の『特別番組のエキストラ募集』メール。
歴戦のJファン達も
「いくらなんでも急すぎない????」
と、ざわめきながらも次の日の午前中には締め切り、当選発表は同日。
夕方以降からメールが届いた人がいたらしいけど、SixTONES担である私のタイムラインには全く音沙汰なし。
だから夜までその事を思い出さず、寝る前に改めて検索してみた。
すると中々当たったと言う人のツイートは見つからない。
ただいくつか気になるツイートがあった。

Mr.KING担orPRINCE担の人が受かったと言っている人が多い」

この時にちょっとだけざわりとした。
結局スト担で受かったと言う人は昨日の段階で一人も見つけられず、今日も見つけられないまま収録開始予定の11時を迎えた。
諸々の用事があったのでしばらく見れないな、と思い、ざわりとした気持ちは消えないままこんな呟きをした。 

f:id:idollnolife:20180117190759p:plain

 

https://twitter.com/a_ndk/status/953472442600599558

この段階ではエキストラに入ったファンの呟きなど無いし、何の情報も入ってきていない。
でも、こう、宣言をしておかないといけない気持ちになった。

それから用事も終わり、終了予告だった14時を軽く超えた頃に再びツイッター確認。

『King&Prince今春CDデビュー発表』

うわー!本当に来た!!!!!!
ざわついていた心はこの時弾け飛んで変な興奮を感じた。
そして次に飛び込んできたのはスト担のネタツイートにポジティプツイート。

SixTONES担つよい

ほっとしつつちょっと冷静になれた。
ありがとうスト担!ありがとうこの星のHIKARI!

でも何故このタイミング(Johnny's Happy New Year Island 27日まで公演中)なのかな!?


SixTONESにはまって約一年半。
はまってすぐにジャニーさんが誰を推しているのかわかった。

二度のサマステと東京と埼玉のJr.祭り。
更に諸々の雑誌に映画主演。
更に更に合同舞台でのライブ数の多さにコメント率。

そして今日まで月日を重ねてこれでもか!と推しを突きつけられて彼らには申し訳ないけど
「まさにthe露骨だな~!」
と、思ってしまったのは許して欲しい。

ある意味感心するぐらいの露骨贔屓で逆に推される方の精神力は大丈夫か?と心配するほどだった。
そういう意味でこのデビューは二組にとって推しの呪縛から解き放たれる結果になったのかもしれない。
そしてずっとJr.ファンの中で囁かれていたどん詰まりの状態もやっと脱却できたと思う。
キンプリが推されているのはわかっていたから、彼らがデビューしないときっとどこもデビューできる可能性は無いんだろうなって。
これでやっとJr.内での露骨なキンプリ推しを見る事が無くなるし、ここから本当にJr.戦国時代が始まるのかもしれないと考えるとワクワク感もある。
(まあ今度は別の推しが来るだろうなというのも予測しています)

SixTONES担、負ける気はありません。


ただまだ素直にお祝いの言葉をいえないのも本当の気持ちで。
だってそりゃあ露骨に事務所トップが推し続けてきたグループだもの。
別グループを応援している身として面白くない。
こちらが要望を出しまくったりグッズを買い足したりして少しでもSixTONESの力になればと思っているのに、彼らはMステにバックじゃなくて単独で出れたしライブの日程も他のグループの倍近くあったりした。
更には(これは事務所がやった事じゃないけど)Jr.祭りの動員数15万人を他のJr.ファンもいるのに彼らだけの手柄みたいに言われたり。
とにかく事務所の手段を選ばないやり方は嫌いだ。
そういう自分の推しに強引な所は社長と副社長はきょうだいゆえかとてもよく似ている。
でもジャニーさんの中に確固たる基準があって、それを叶える為に後押しをするんだろうなっていう気持ちもある。
後押ししても望む通りにならないと思ったらまた次の推しを見つけていくんだろうなぁとも。
キンプリはジャニーさんの望む基準を満たしたから推され、デビューした。
それは確か。


色々書きましたが我、末席でもSixTONESを応援している身。
ずっと負の感情を持つのは得策じゃないし彼らのスタンスから外れているので前向きに考えます。

キンプリのデビューによってやっとJr.村を取り巻く硬い外壁が壊されて新しい扉が開かれたのは間違いなくて。
不満も不安もあるけど確実なのはSixTONESの言葉だけ。
彼らが諦めないならファンは応援するだけです。

 

SixTONES担、負ける気はありません。
(大事な事なので二度言いました)

 

f:id:idollnolife:20180117185759j:plain

 

それでは決戦の2018年、スタートッッッッ!!!!!!

SixTONESでいてくれる事を宣言してくれた話

朝からざわついていたツイート。
原因は本日発売の『月間テレビファン』のSixTONES

良くも悪くも話題性のある彼らだから今度は何言った~?と、軽い気持ちでツイートを辿っていたら…何か京本くんの発言が不穏を帯びていたと知る。
早速本屋へGO!して華麗にGET!

最初に飛び込んできたのは6人の集合ショット。
「ちょっと髙地くんドセンターで一番面積占めてるじゃん!オセロだったら優勝の白さだよ!」
と、まず推しの面積を喜びました。

気を取り直して。
早速個々のインタビューを読み始めると、なるほど。何となくこれだな、というのを把握しました。

■髙地
「自分はこの仕事一本でやっていく」
中高生新聞に続いて同じ事を言ってくれてありがとうとしか言えません。
ありがとう、信じて着いて行くよ優吾…!

ジェシー(ちなみに掲載順に書いているんですけど、ジェシゆご一ページなんですよ。構成さんとカメラマンさんにお歳暮贈りたい気持ちでいっぱいです)
何か最近デビューへの焦燥感みたいなものをレポ読んでて感じてたんですが
「誰よりも一番幸せだと思うよ」
色々悩みもあるだろうけど君が楽しい、幸せならもっと幸せになってもらいたいと思うよ。

■樹
「もうこのグループでうまくいかなかったらもういいかなっていうくらい腹はくくってる」
「かといって別にこのグループじゃなきゃっていう執着心はなくて」
「でも多分、たとえばオレがLove-tuneだったらうまくいかない」
「自分のためを考えたらやっぱりSixTONESが一番なの」

こいつはとんでもないツンデレを読んじまったゼ!

■北斗
去年から見て、グループにいる事に何か遠慮と言うかとにかく離れていたいような不思議な感覚で見ていたんですが、今回の取材でわかりました。
まさか本当に居辛かったとは…でも一年経って色々変化が起こって、今は「メンバー愛はある」と言い切れるまでの関係を築けたのはよかったです。
あと
「メンバー同士でオレら一丸!とか言うのは違うかな」
は凄く納得。

■慎太郎
「テレビとかでSixTONESの名前をアピールしたい」
「まだまだオレらは狭い世界しか知らないと思うから」
色んな雑誌で「世間に知って欲しい。ジャニーズだけの中で人気があっても世間は知らない」みたいな、とにかく自分たちの名前が世間に少しでも出る事にとても真剣に執着してるような気がします。
色んな所に要望とか感想とかいっぱい書いて、少しでも彼らの望む世間へのアピールができますように。

■大我
多分、皆さんが激震した張本人でしょう。
「グループでの京本大我。個人での京本大我の線引きが苦手」
「個人でシンガーソングライターみたいなことをやりたい。グループとは別に」
「でもそうなると本当の自分とは…自分はアイドルを続けられるのか…とか色々考えちゃう」

この辺からグループで活動したくないのでは!?
グループが京本くん自身の個人のやりたい事。舞台に出たいとかがやりづらくなっているのでは!?…等々。
自分も浅く読んでた時はそう思ったけど読み込んで思いました。

アイドルである自分に葛藤した(いる)先輩はいます。ソロコンやるまでになったり、俳優として賞を取ったり、ミュージカルで名を馳せたり…。
中にはグループを脱退し、事務所すらも辞めてしまった人もいます。
そこでやりたかった事を突き進んでいます。
ただ、グループとしての活動もしたいと思った人は残って同列でやっています。
できるなら大我くんにはこの道を選んで欲しいと思っています。

個人的に『ではその個人活動とグループ活動の京本大我の線引きが上手くできるようになってください』と伝えたい。

あとよくよく思い出すと彼、別雑誌で「最近はたくさん悩んでる自分が好きになった」とか言ってたので、こうやって表に悩みを出してくれている内は大丈夫です。


とにかく全員に共通していたのは

SixTONESは大切でバラバラの個性でやりたい事をやり続ける。
誰一人グループ活動に迷いも憂いも無い。

です。


SixTONESとして突き進む事を確約してくれたからそれだけで充分です。
デビューする日が必ず来る。

君たちがKING'S TREASURE 2017年8月1日SixTONES単独公演/8月12日SixTONES&Snow Man合同公演レポ

行って来ました『君たちがKING'S TREASURE』略してキントレ!
チケットが当選したとメールが届いた時の衝撃は忘れない…!

番号は後半だったし、自分の体型と客席の花道を考えて後ろの位置で観賞。
後のこの判断で死ぬ事になります。

開演前のSixTONESコールがまばらに始まり、後ろの方でも言ってる人はいましたが自分の周辺は誰も言わなかったので凄い小声でコールを始めていると暗転!
会場に広がる歓声!
そしてやって来たのは…

櫓の中でそれぞれ鎖に繋がれたSixTONES!!!!!!

誰か自分の脳内覗いた!!!!?????

きょも北で悲鳴の上がったRocking Party(ロキパ)見てから
「二人に限らず全員鎖に繋がれて欲しい~!」
ジェシゆごで見た~~~~~い!」
と、妄想しては枕を濡らした夜にグッバイ!(※濡らしてません)
あ!でもジェシゆごで鎖はまだ諦めない!
だって自分、去年の夏ごろにはまったからクリエでやってた鏡合わせのジェシゆごとか髙地くんのニノソロとか見たこと無いんだもの!
はまってからはメインボーカル京ジェでまとまちゃってジェシゆごを歌で見た事聞いた事が一度もないんだもの!

もう彼らが登場した瞬間、会場中の歓声が凄かった。
さっきまで大人しめだった後方も凄かった。
自分の後ろには二、三列しかないのに背中が震えた。

久しぶりにSixTONESを生で見れた事にもそうだけど、本当にこの会場内にはストファンしかいない!皆、思い思いに叫んでる!ずっとずっと待っていたんだ!
って事を全身で実感してもう興奮が止まらなかった。

セトリに関しては何時もの如く記憶力確かな方々が記録してくださっていますのでそちらを参照願います…。

さて、OPからもうノンストップ!
「あ!HIKARIだ!ビークレだ!あれコレ聞いた事あるぞ何だっけ?」
(ライブ後、ツィッターを見て東西SHOW合戦でやったBrave soulと知る)
「京ジェってやっぱり歌うまいよなぁ。歌声ではまったジャニは薮くん以来かも…」
とか感慨に耽ってみたり。
「花道にスト来たーーーーーっ!想像以上に近い!後ろが最前列!ヤバイ!見レナイ!こっち見なくていいので顔とスタイルをこっそりガン見するのだけは許してください!ごちそうさまでした!」
と一人コントを脳内で繰り広げたりして大変でした。

あとずっとじゃないけどスクリーンがあって、そこにカメラ映像が映っていたんだけどこれだけは言い切れる。
皆、ピンで抜かれていたけど髙地くんがピン抜きされる回数が単独合同を見て絶対多かった!

カメラマンに髙地担がいる!間違いない!!!!!!

そして単独で初お目見え。
黒ーンズ(くろーんず)登場。
樹くんが出てきた瞬間、自分の周りではすっごく小さなざわめきが起こった事を記録しておきます。
アレはどういう意味のざわめきだったんだろう…。
この辺はツイッターで色々詳しくレポして下さっている方がたくさんいますのでそちらを参照(二回目)。

ただ樹ラップであった髙地くんへの「ダンスのスキルは残念賞」のフレーズには断固修正を要求します!(モンペ)
いや…一年前見たダンスより、素人目だけど間違いなく上手くなっているし何をそんなに駄目だの残念だの言い続けるのか割と本気でわからない。
まあ、ネタだと言う事は理解していますよ!
ただそれを覆せる日が遠くない未来にきっと来るとイチファンは信じています(重い)。

あと次にときめいたのは『DON'T YOU EVER STOP』!略してドンエバ!
スクリーンを使って、彼らの影が出てくる。メインは影。影に対してそれぞれ踊る。
これがもうメッチャクチャ格好いい!!!!!!
単独終了時は黒ーんずの歌とこのドンエバがオリジナル曲だと思い込んでいましたが、それだけSixTONESだけ二曲オリジナルがある事になる為ちょっと不思議に思ってました。
前々から各グループに新曲がある、とレポが流れていたので黒ーんずは新曲だとすぐにわかりましたが、じゃあこの歌は何だろう?と。
いくらなんでもそんなご褒美はないだろうと思っていたのですが、特に気に留めずそのまま合同公演へ。
やっと自分が真相を知るのはこの合同が終わって、改めてレポを漁っている時に正式名称を知り、誰が歌っているのかを知りました。
SixTONESのオリジナルに見せる能力凄い…。

 


合同ではSnow Man兄さん。
本当にもうダンスが凄い!何であんなに跳ねられるの!?動けるの!?揃うの!?って思いながら凄い興奮した!

ここで初めて紹介ラップの歌(タイトルがわからない)を聞いて、ラップ曲で比較するとこちらの方が好き。ノリやすい。
できれば樹くんには落としと褒めを織り交ぜたラップを作っていただきたい…!

トークは単独の時よりのんびり~とした感じ。
単独ではMCをメインにしていた樹くんがほぼ放棄していたように思う。
ただ相手は先輩なのである意味大人しめなトーク展開でした。渡辺くんの弄りは最高でした。

そして後半のトークで阿部ちゃんがヘアゴムブレスを付けている事にストが気付き、ここからグッズを買う事→タレントへダイレクトに伝わる金銭的な効果がある事が明かされる。
ここからスト担によるキントレが終演するまでヘアゴムブレス完売クエストが始まる事をまだ知る由も無かったのでした…。

SixTONESのデビュー発表を妄想してみる

近い未来に来ると信じてるSixTONESのデビュー。
じゃあその発表ってどんなのがいいんだろう?と妄想してみました。
ジャニーズの基本的なデビュー発表をほぼ知らない(伝聞のみ)ので、「絶対ありえないよそんなの!」があっても「こ奴め~ハハハハハ!」と、笑い流してください。


■新聞発表

KinKi兄さんが新聞発表だったと聞いたので。
スポーツ紙だけじゃなくて全国紙での一面発表やったら相当のインパクト残せそうだな~と思います。
更に一紙ずつ写真が違う細かさでお願いしたいです。

×デメリット×
デビューすると言われた瞬間の彼らの姿が見れない。


■グループオンリーの公式サイト

デビュー一週間前に謎のコンテンツがジャニーズwebに出現。
クリックすると一面真っ黒な画面に時間がカウントダウンされている。
グループ名や名前は一切無い。ただ文字がカウントダウンされているだけ。

六日前に赤い星、五日目に青い星、四日前に黄色い星、三日前に白い星、二日前に緑の星、一日前に桃色の星がそれぞれ画面に映る。
(星は一日にひとつだけ。他の星はその日以外消えている)
四日前と三日前ぐらいにファンが「もしかして…?」と、ざわつき始める。

そして当日の0時についに六つの星が全て現れ円を描き、その中にダイヤモンドが現れて映像が流れ始める。

20150501 START

メンバーの名前がローマ字で次々と現れる(画像は無い)

キントレスト単独で流れた彼らのオリジナル曲を捩った字幕

201●0901…

単独のOPでやぐらにいる六人の映像(まだ影)

それぞれのピンショット(まだ影)

SixTONES DEBUT!!!!!!】(フラッシュ)

×デメリット×
デビューすると言われた瞬間の彼らの姿が見れない。(二回目)
目に付くのはほぼファンだけなので、一般からの認知度は低くなる。(次の日にニュースで発表するけど)
そもそもサイトアドレスでどこがデビューするのかばれる。


■デビュー組のコンサートのバック

この場合はSexyZoneが好ましいでしょう。ふまけんと切っても切れない絆がありますから。
やっとデビューした彼らに風麿くんが珍しく泣いて話せなくなったら面白いです(悪い意味ではない)。

ラスト公演でバックのSixTONESを呼び、コンサートの感想を聞いている。
すると急にバックにある巨大スクリーンから【緊急発表】の文字が現れ、客席がざわつく。
ステージ上のメンバーが「?」となっていると客席から「後ろー!」と口々に聞こえてきてスクリーンを見る。

SixTONES
【デビュー決定!!!!!!】

×デメリット×
ストに興味が無いセクゾファンにはどうでもいい。むしろラスト公演を私物化される事に憤る人もいるかもしれない。
ふまけん&SixTONESは盛り上がるが、殆ど繋がりが無いセクゾ年下組は空気を読んで静かに見守るしかない。
個人的に一番嫌なのはこれです。


■単独

一番の理想はこれ!です!
キントレみたいなイベントのJr.単独ではなく、Love-tuneみたいに彼らだけの単独コンサート。
何故か一日一回のみの公演で、当然鬼倍率になり落選組の咆哮がツイッターに溢れる。
ただ、まずありえない一回公演に「もしや…?」とファンはざわ…ざわ…
メンバーも「もしかして…!?」と、ざわめき立つけど社長から「YOUたちの単独映画主演が決まったから、その為のお披露目公演だよ。主題歌もあるからね。でもあくまでコンサートの形としてちゃんとやるから」みたいな事を言われて「ファンへのドッキリ告知か~」と納得させる。
そして無事に公演も終わり、アンコールが響き渡って芸人張りに「どうも~」と言いながら出てくる6人。
(公演時に映画発表しないのはファンへのドッキリの為。と信じている)

樹「実はね~皆にお知らせがありまーす!」
(客席ざわつく。もしかしてデビュー!?ドキドキ…)
慎「実はー!」
(ざわ…ざわ…)
樹(メンバーを見回して)「せーっの!」

6人「主演映画が決まりましたーーーーっ!!!!!!」
(ギャアアアアアーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!)
(会場内に悲鳴が響き渡る)

ジェ「気になる内容はこちら!ズドン!」
(メンバー、客席全員がスクリーンに注目)

【201●年●月●日SixTONESデビュー決定!】
(あと映画も本当だよとかコンサート決定とか書いてある)

(客席はもう悲鳴、狂喜乱舞、号泣の渦。コンサート会場が揺れる揺れる)

メンバーはそれぞれ顔を見合わせて「マジ?」「知ってた?」「知らない」「え?本当にデビュー?」とざわついてる。
そしてジェシーが泣き出して、滅多に見れないマジ泣き姿にやっと他のメンバーもこれは本当なんだと実感する。
慎太郎は泣きながらぐっと両手を突き上げて「やったーーーーーーっ!!!!!」
樹と大我は泣きそうで泣かない。笑いながら握手して肩を組みながら客席に拳を突き上げる。
大我「今日は革命の日だーーーーっ!お前ら覚悟しろよ!これからエクセレントナイトの始まりだ!」(微妙に中二ワードが入る)
北ゆごは盛大に泣いてる髙地の肩を北斗が叩く。振り返るとこっちも顔を真っ赤にした北斗が髙地を抱き寄せる。
北「やっと来た…!やっと…!」
髙「うん。そうだな。うん」

※北ゆごは願望中の願望です。

×デメリット×
スト担全員がこの瞬間に立ち会えない。
(もうここからドキュメントとして撮影しておかなけれなならない。そしてデビューコンサートの円盤化の特典映像になる)

 


妄想って楽しいね!


------------------------
これ書いている最中にまさかのバニラボーイ円盤化が公式から発表されました。(8月25日)
次は少年たちの円盤化!行こうぜ!

SixTONESがデビューするためにはどうすればいいのか?

■どうして『SixTONES』をデビューさせたいのか?■

好きだからです。
それ以上の理由が必要かい?

SixTONESストーンズ)は自分自身、まだ知って半年ぐらいしか経っていないのですが、色々立ち代わり入れ替わり増減の激しいJr.のグループ編制で珍しく『復活した』グループだと言う事を知りました。
元々は2012年の深夜に放送されていたドラマ『バカレア学園』のメイングループだったそうで、放送終了後もジャニーズ内の仕事では解散せずに続いていたそうです。
それがやがて売れるメンバーとそれ以外という分かれ方が目立つようになり、いつしかバカレア組(当時は正式なグループ名は無く、ドラマの名称で呼ばれてたらしい)は自然消滅したそうです。
でもそれを諦め切れなかったメンバーの一人が立ち上がり、再びバカレア組が復活し2015年に『SixTONES』としてJr.内の新たなグループとして結成。
これが今の自分が知りうる大まかな流れです。

メンバーは6人。
高地優吾…グループ最年長で一番芸暦は後輩。現在『スクール革命』にレギュラー出演中。
京本大我…ミュージカル王子。京本政樹の息子さん。メインボーカル。
田中樹…ラップが得意。元KUT-TUN田中聖の弟。
松村北斗…色白。長身。演技好き。
ジェシー…ハーフ。グループ内一の長身。メインボーカル。
森本慎太郎…グループ最年少。アクロバット得意。元Hey!Say!JUMP森本龍太郎の弟。
(できるだけ主観は入れずに説明してみました)

平均身長176.5cmの高身長グループです。
自分、今現在大層このグループにはまってましてね。
本当に最近までジャニーズJr.の事を殆ど知らず、デビュー組のバックで踊っているのをテレビから普通に眺めているだけでした。
ところがJUMPにはまった途端、関西ジャニーズを知って何故か関西ジャニーズJr.の方を好きになり、流れでいわゆる東京Jr.へ流れ着きました。
知ったらJr.内は群雄割拠。色々なグループが作られていて、中にはメンバーが増減したりいつの間にか消滅していたり…。
この采配は全てジャニーズ事務所の社長・ジャニーさんの天の一声で決まるといいます。
だからいつグループになれるかはわからないし、なったとしてもいつ脱退や消滅するか全くわからないのがJr.の現状なのです。
(あとグループ名もジャニーさんが決めるらしく、つい最近は『宇宙Six(うちゅうしっくす)』という元々あったグループが急に増えて名前も←に変わるという元ファンにとって全くサプライズにならないサプライズが嵐のコンサートで起こってます)
かと言ってジャニーさんの中で色々基準があるようで、全く面識の無いメンバー同士だけで組ませるのはあまり無いようです。
ただジャニーさんも約50年、少年たちを見つけ出し売り出してきた人ですからそこはビジネスマン。色んなグループを組ませては売れないと判断したら組み直すし、例えどんなに人気があってもより売り出せるように人員を変えてゆく…そんなシビアな世界にジャニーズJr.はデビューを夢見ています。

そんな歴史の中で一度消滅したグループがメンバーやファンの声で復活した――
それが『SixTONES』です。
女子はドラマ性に弱いです。もちろん自分もです。
バックボーンがドラマチック!今までの歴史を塗り替えた!?再結成してジャニーさんから名前までもらったよ!
押すしかないじゃないか!!!!!
更に『SixTONES』はジャニーさんが選んだメンバーではなく、バカレア学園のプロデューサーさんがドラマのイメージに合った子を選んだという大変珍しいグループ。
そこにジャニーさんの色眼鏡(好みという意味合いで)が全く無い。
だから一般受けはするはずなんですよ。だってジャニーズじゃない外部の人、一般人の選んだイケメンだから!

 

■デビューするための考察■

シビアに考えて、彼らのデビューはオリンピックまでにしなければほぼ絶望だと思ってます。
2020年には事務所として売り出したいグループがある(現在入りたてのルーキーや平均年齢の若いグループ)ので、来年の2017年からギリギリ2019年…立て続けにデビューさせる事はほぼ無いと考えられるので2018年まで。期間は一年弱です。
これを逃したら2020年以降にあるかもしれないけど、その時には最年少の慎太郎君は23歳。最年長の高地君は26歳です。
26歳デビューはA.B.C-Zの五関君とジャニーズWESTの中間君だけです。
可能性はゼロではないですが、五関君と中間君のグループには共通するものがあります。

『メンバー内の最年少に10代がいる事』です。

A.B.C-Zは橋本君(デビュー時18歳)、ジャニーズWESTは小瀧君(デビュー時17歳)です。
もし、仮に2020年以降にSixTONESがデビューできるとしたら10代の若い子が入る可能性があり、入らなければ現状維持の可能性もあるわけです。
調べてみたらKis-My-Ft2の北山君は25歳、最年少の千賀君は20歳デビューとありましたが、これは多分ジャニーさんの中でギリギリのラインかと思われます。
やはりアイドルといったら10代の若い子がデビューというイメージがあるし、全員20代(しかもSixTONESには童顔がいない)いい意味で大人スタイルである彼らがジャニーズが求めているであろうアイドル像とは少し掛け離れていると思います。
これが他事務所だったらアイドルという括りではなく大人のグループとしてデビューできる可能性は高いと思いますが、彼らの望みは「ジャニーズでのアイドルデビュー」ですからこの案は意味を成しません。
ただ個人的には他事務所に移ってもらった方が希望はあるんじゃないかな…という気持ちは常にあります。
何よりデビューの不安は現在のSMAP解散騒動と消費者団体によるファミクラへの申し入れ騒動は確実に事務所のイメージダウンです。
この騒動が今年で終わる訳が無いです。少なくとも申し入れ騒動は来年以降もゴタつくでしょう。
そんな中で新しいグループをデビューさせる気力と計画が事務所にあるのか?個人の見解では現状維持で精一杯になるのではないかと考えます。
仮にデビューするとして申し入れ騒動がクリーンにならない限りは新しいファンクラブは作れないでしょう。
ただすぐファンクラブができる訳ではないようなので、もう一年余裕を置き、その間にファミクラ問題を解決する事はできるかもしれません。

あとデビュー時の年齢だけではなく、『デビューするまでの年数』問題もあります。
高地君は最年長ですが芸暦は一番下です。もし2020年デビューとしたら芸暦11年になります。
グループの最長芸暦者は京本君、ジェシー君、慎太郎君で、芸暦14年になります。
これは今の所五関君が14年7ヶ月でデビューという記録があるので、ほぼ同じになると思われます。
ただしこれは書いたとおり『2020年にデビューできたら』という括りです。それ以降になれば当然、もっと年数は上がります。

Jr.の中には『舞台班』と称されるグループや個人があります。
その中に『ふぉ~ゆ~』という2011年に結成されたグループがありますが、現在メンバー全員が30歳です。
彼らはダンスに特化していて堂本光一君や滝沢秀明君の舞台など、主にメインのお仕事が舞台という現在芸暦18年のベテランJr.です。
もし『SixTONES』が2020年までにデビューできなかったら、それまでにダンスや歌の技術を上げておかないとJr.内での立ち位置すら怪しいものになってしまうのではないかと考えます。

だから何としても2020年までにデビューしないと、応援している身としては解散なり自然消滅なり退所なりという不安が沸き起こってしまいます。
本人達のやる気は充分に感じますし、このグループでのデビューを逃したら可能性はかなり下がるんだろうな、という気持ちも感じます。
ファンとしてやれるのはその後押しぐらいです。どれだけ応援すればデビューできるのか、またその希望が持てるのか。それはやっぱりジャニーさんにしかわからないです。
現在、ジャニーさんのスペオキは目に見えてわかるので、それらがデビューしなければ順番は回ってこないのかも、という不安もあります。
面倒くさい所にはまっちゃったなぁ…と、たまに自分に呆れる時もあります。
でも、好きになっちゃったからしょうがないです。
SixTONES』の第一目標はデビューなのですから、その日が来る事を応援し祈るだけです。

 

■本音を言うと■

彼らのデビューが今の夢ではありますが、もっと深く言うと『自分自身の押しがこのグループにいるから』が一番の理由です。
一押しは高地優吾君。
最年長でニコニコ笑顔が最大の武器で、関東ローカルといえどもデビューがテレビレギュラーというラッキースターの持ち主です。
デビュー時から普通に見てきましたが、最近Jr.の事を調べ始めたら急にはまってしまい今に至ります。
高地君がいるから『SixTONES』のデビューを望んでます。彼自身の最近の輝きと本気度が伝わってきて、それを叶えてあげたい。叶って欲しい。
超本音を言うと、高地君がいなくなったらグループデビューはどうでもいいんです。
他のメンバーが嫌いとかではなく、オンリーワンしかいないというだけなんです。
自分は普通のテレビっ子なので、毎週定期的に見る事ができるのは高地君だけです。
グループが出演するのはBS放送の『ザ・少年倶楽部』だけで、あとはジェシー君がレギュラーの『Rの法則』という番組がEテレで放送されてます。
Rの法則』は見れますが、内容が完全に若者向けなので何度か見て挫折しました(汗)。
『ザ・少年倶楽部』はBSなので契約をしていないので全く見れません。(某動画では見れますが、それも不規則です)
始まりが必ず見れる高地君であり、他のメンバーは頑張らないと見れないのです。ここに大きな理由があります。
あとグループが知れるのはアイドル雑誌がありますが、高地君とメンバーのエピソードを読むためのものでしかないです。
仮に『SixTONES』が消滅しても、高地君がアイドルを続けてくれるなら応援していきます。別グループ所属になったとしても。
でも高地君が見切りをつけて事務所を去るなら自分の応援はそこで終わりです。

…何か凄く冷たい文だなぁと自分でも思います。本当にメンバーの事は嫌いでは全く無いですよ!
メンバーのエピソードはまだまだ知りたいし、『SixTONES』だからこそ高地君は今輝いている事はひしひしと感じます。
とにかく、今の強い気持ちは『高地君の望む』『SixTONESのデビュー』なので、その日が必ず叶う事が本音なのは間違いないです。

 

お願いだからジャニーさん!
早い所、彼らのデビューお願いします!

少年たち 2016年9月6日(火)公演レポ

初めて来た日生劇場
時間に超余裕を持って出てきたので周辺散策をしていると、ふぉ~ゆ~が公演している『縁~むかしなじみ~』のポスター発見。
シアタークリエってここか!
五月だか六月だかにグループ所属のJr.が一ヶ月ライブした所か!
更に宝塚劇場の文字発見。
日比谷って劇場の街なのか!!!と、新しい発見にテンションが上がる。


開園してグッズ買いに向かって思った。
写真いっぱい付いてインタビュー記事もあってA4サイズで中々重厚な作りのパンフレットが2500円…。
この前のジャニキンのペンライトが1600円…。
アイドルのグッズ相場がわからない。


最後列の席から見下ろすステージは本当にドキドキものでした。
ライブとかコンサートとか映画とか、始まる前の高揚感はとっても楽しい!
そしてブザーが鳴ってあおい輝彦さんのナレーションでついに開演!
あ~~~!始まる始まる始まるよ~~~っ!!!…と、興奮MAXの中で一番最初に現れたのは京本大我君でした。


そして。


京本「よっこいしょういち」(言いながら腰掛ける)
え?昭和ギャグ!!??


インパクトが強すぎてこれが第一声だったのか、その前に台詞があったのかさっぱり思い出せません。


話は進み、SNOW MANとSixTONESの面々が登場してそれぞれ小競り合い。
そして目の前で繰り広げられる煌びやかな世界!
歌って踊って歌って踊ってちょっとほっこりしたりコネタ挟んだり…ミュージカルをまともに見るのは初めてなので度肝を抜かれました。
この『少年たち』の歴代の歌を全く知らないので、事前にツィッターで情報収集しても曲名を略されたりセットリストを見ても覚えられなかったので前回同様その辺の感想は全く書けません!(言い切った)


とりあえず覚えている限りの感想を箇条書きでいきます。
(※一度しか見てないし最後尾席だったので誰がどういう台詞を言ったのか曖昧な部分アリ。そして高地君メイン)

  • 日記という言葉はわからないのに変に小難しい言葉は知ってるジェシーの日本語力の摩訶不思議。
  • 高地君の声が聞き取りやすい。
  • 佐久間君の腹筋のえげつなさ。顔がメルヘンなのに首から下が北斗の拳ってどういうことだァ――――ッ!!?
  • 高地君のイキがり方が昭和のヤンキー漫画。
  • 自分を裏切った前のバンド仲間と連絡を取り合っていたジェシーに怒るのはまだわかるが、強制送還されて徴兵される仲間に対して拗ねた態度取るのかどうかと思うよ岩本君。
  • マリウスのぎこちない「俺」。萌える。
  • BARの樹ゆごのジャグリングミスあったけどカワイイからいいんだ。イケメンだからいいんだ。
  • 軍服!軍服!
  • 誰かが銃を落とした!誰かはわからない!
  • 阿部「俺は天才すぎたんだ!だから誰も理解できなかった!」マイベスト名言
  • 天才すぎた阿部君がどういう事情で少年院行きになったのか知りたい!言っていたかもしれないけど覚えてない!
  • 終わってツィッター見てやっとSixTONESの新曲がなんだったのかわかった。
    (知らない曲ばかりなのでほぼ初耳)


【総評】
レポは早めにメモっておかないとどんどん忘れていく。
望遠鏡を検討しよう。